生命保険料と個人年金保険料控除で節税するべきか

rtethjdyrsetgshf_TP_V

橘玲さんは言いました.「生命保険は不幸の宝くじ」だと.

うまいこと言うなあ.確かに毎月少しずつお金を積み立てていくことで,もし死んだら積立額の何倍ものお金が妻や子供に渡ります.もし死ななければ,掛け捨てで支払った保険料は無駄になります.死ななかったんだから不幸にならなくて良かったなぁ…で終わりです.

このような生命保険は,子供が産まれたばかりで,貯蓄もほとんど無い若い夫婦は必ず入るべきだと思いますが,私の場合はそれなりに貯蓄もあって夫婦共働きですので掛け捨て型の生命保険は必要無いと思いました.

でも,国がわざわざ私達のために作ってくれた税制である生命保険と個人年金保険控除をみすみす見逃すのも勿体無い気がして.

掛け捨て型の保険ではなく,明治安田生命の「じぶんの積立」のように解約返戻金がいつでも100%以上戻ってくるタイプであれば保険料控除で節税しながら貯蓄もできちゃいますよね.(※この保険は保険料の払込が5年限定ですから保険会社による宣伝の意味合いが強そうです)

同じ額を毎月積み立てるならVTに投資した方が,長期的にみると有利な気がしますが,卵は一つのカゴに盛っちゃダメよ理論から言って,資産の一部をローリスクな保険料控除で節約しながら運用するのも一つの手かなあと思っている今日この頃です.そんな美味しい保険があればの話ですが.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中