ジュニアNISAでVT投資.配当金はいくらになるか予想してみた.

1月に息子が生まれました.そもそも投資に興味を持つきっかけは子供の教育資金をどうやって工面するかでした.そのため色々な本を読んで勉強し,またファイナンシャル・プランナー(FP)さんにも無料相談をお願いしました.蛇足ですが,ポイントサイトのハピタスでは,FPとの無料相談で10000ポイント頂けましたよ.

その結果,私達のケースでは夫婦共働きであることから,そもそも国や職場からの保障が充実していることに気付き,学資保険には入らなくても良いという結論に至りました.

そこでジュニアNISAです.普通のNISAと違って,子供が18歳になるまで引き出せないことから使い勝手が悪いと評判ですが,私はむしろ18年間しっかり運用できることにメリットを感じています.

ジュニアNISAはいつも使っているSBI証券で開設しました.ところが問題は,未成年用には住信SBIネット銀行の口座が開設できないのですよね.SBI銀行さん何とかしてください.仕方がないので楽天銀行で未成年用の銀行口座を開き,SBI証券に入金するという手段を使っています.

そしてタイトルにもあるようにSBI証券ではVTを購入しました.ジュニアNISAでも海外ETFを購入する際に手数料がかかりません.これは大きなメリットです.

ジュニアNISAも現状では5年間枠です.つまり年間80万円としてトータル400万円投資できます.VTは年間約2%の配当金が出ますので,80万円に対して16000円となります.5年後にはロールオーバーして再度80万円分を運用していくとすると,息子が18歳になるまでにトータルで

約1,130,000円(アメリカ税引き後)

の配当金収入が得られるといったシミュレーション結果になりました.(※計算が間違っていたらどなたかご指摘下さい)ここでは,VT自身の価格変動は無いと仮定しています.つまりVTの価格が年間平均2%ずつ上昇していくといったシミュレーションではさらに収入は増えるでしょう.

 にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中